Hitsujiotoko's diary

とにかく前へ!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 山行きたい! | main | 断片 >>

『日本の外交』×2

タイトルにあるとおり同じ題名の本を読みました。1つは入江昭著の中公新書、もう1つは井上寿一著の信山社のもの。

前者は前に紹介した『新・日本の外交』の著者が高度成長期にさしかかる前に書いた日本外交の新書。歴史的なアプローチからその時代の日本外交に影響を及ぼした思想や人物、国際情勢について記述したものであり、出版されてから50年近くたってもなお示唆に富む名著。

内容は、西洋列強に追いつくために「脱亜入欧」「和魂洋才」といった思想を取り入れ、日清日露両戦争に勝利したころの日本の国際社会に対する認識から始まる。その後、いかに軍国主義がアジア主義と結びついて日本外交の中心的な政策となっていってしまい、第2次世界大戦に突入していくのかを追っている。驚くべきは、その当初から日本の外交に根底を貫く思想がかけていたということである。この点は著者が『新・日本の外交』でも指摘し続けている点であり、国内外から日本が批判される根本的な理由だろう。僕の問題意識もここに収斂される。

後者はブリッジブックシリーズと銘打つように日本外交の入門書かつ教科書。非常に分かりやすい言葉で日本外交の諸問題を歴史的な観点からアプローチしている。さらっと読めるので日本外交興味あるけどよく分からないという人にはおすすめ。

ここずーっと日本外交の本を読んでいるけど、思うのは外交と国際政治(国際関係?)は確かに違うということ。まだ上手くいえないけど確かに何かが違う。アプローチというか対象が違うゆえに考え方が違うんだわ。難しい。

最近は小説がとっても読みたいです。でも、読む時間しばらく取れないみたい><
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://neouniverse.jugem.cc/trackback/235
この記事に対するトラックバック
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ