Hitsujiotoko's diary

とにかく前へ!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 『ネティズン』 | main | 『国際政治とは何か』 >>

『戦後日本外交史』

この本はゼミ試のディベートの資料として買って、最近また読んだもの。さすが有斐閣アルマ!いろんな学問の入門として有斐閣アルマは便利だけど、日本外交を勉強するのにはちょうどよいのではと思う。ちなみにどっかの章を、今政治学科の教授の田所君が執筆してる。

内容は当然日本外交の通史。日本が高度成長とともに背負ってきた(しまった)ものは多く、今の政策に大きくのしかかっていて、これをどう解決するかが今後の日本外交の課題であるのは当然だけど、そういった経緯なんかがわかる。結構びっくりだったのは防衛政策の一環で防衛白書を発行しただけで、かなり政治問題になる時期があったんだって思った。今となってはイラク派遣にも関心持たない人が多いっていうのにね。あと、反日反日と中国韓国では騒がれているけど、賠償とか戦後処理の話も分かって、意外にあちらの言ってることがおかしいんじゃないかって思えるようになった。知識がないとああいうニュースを鵜呑みにしてしまうこともある。浅学でも構わないからいろいろな知識を身につけておきたいと思う今日この頃。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://neouniverse.jugem.cc/trackback/220
この記事に対するトラックバック
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ